カープランナー

車の査定を実施する人はプロフェッショナルなので、一般人では見逃してしまうような部分も確かめます。

外見のキズやへこみ、走行距離がチェックされるのはわかりやすいことでしょう。

傷が全くついていない車というのは、あまりないでしょう。

外観で判断できる部分のみならず、事故歴や修復歴なども鋭くチェックしています。

事故歴や修復歴のある人は査定に出す際にきちんと申告しておきましょう。

修理を済ませて見た目がきれいに直っていたとしても、査定する側はプロのためたやすくばれてしまうはずです。

言わずにいて査定士の印象が悪くなってしまうと、その先の査定結果にマイナスに響く場合もあります。

普通は見つけるのが困難なエンジンルームの状況も目ざとく点検します。

エンジンルームをきちんと調査することで、事故歴ある車か否か判明するのです。

加えて、シートなどに染み込んだ臭いも点検しています。

タバコやペットの臭いなどは査定時に減点対象となると考えられています。

粘着性のものを貼った跡が残っていないかも調査されます。

査定の前には、オーナーが使用した跡を消去しておくことがより良いと言えます。

アクセサリー類に対してもメーカー純正の部品なのか、オーナーが勝手に付けたものなのかを判断します。

エアコンやカーナビが正常に動作するかも確認されています。

長い時間を費やすことなく査定が行われますが、プロが執り行っているのでポイントを押さえて行っているのです。

事故歴や修復歴を取り繕うことは不可能ですので、洗車したり車内を掃除したり好印象に繋げられるように準備をしましょう。

本気で車売りたいならまずはネットで見積をした方がいいです。

ディーラーや近所の車屋に持って行ってもネットより買取価格が高いというケースはほぼないといっていいでしょう。